さぼてんパセリ

日々のつれづれをゆる~く絵日記 画像もたま~にね

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イングロリアスバスターズ

「イングロリアスバスターズ」
   クエンティン タランティーノ監督

09-12-07-01jpg.jpg
1944年、ナチスがユダヤ人を弾圧していた時代
そのナチス狩りをするアメリカの秘密部隊や
復讐のチャンスをつかんだユダヤ人の娘の
いろいろすったもんだ話

この映画…なんだろ
最高に最低な映画←いちおう賛辞

タラちゃんのタイプなのかな
女性陣はキリリと美しい
09-12-07-02.jpg
この右側の女性(横向き)は以前観た
「ナショナルトレジャー」より非常に美しい
監督によってずいぶんちがうんだね


ブラット ピットたちは
アメリカ秘密部隊でナチス狩りチーム
頭の皮を剥いだり
額に卍をきざんだり
えぐい
09-12-07-03.jpg
楽しそうだし
だんだんナイフさばき上達してるし
えぐい…


そして一番の主役なんじゃないかと
思わせるこの
非情なナチスのランス大尉(だったかな)
この人もひどいが楽しそう
09-12-07-04.jpg
自分の欲深さで足をすくわれるんだけど
この悪人あってかもね


この映画は
戦争で傷を負っても
幸せになる人はいない
ほんとうに
なにも残らないってメッセージなのかな?

見終わった感想が
「…なんだかね」「…なんだろね」だった。
あっ、飽きることなく観たのよ
でもね面白かったとは言い切れない話だな
まとまりのない感想だけど
まさしくこんな気持ちだったのね~

頭の皮を剥がしたり切ったりで
そういうの苦手な方には
おすすめしないわ


つぎは
夢いっぱいな
カールじいさんでも観るかな




スポンサーサイト

| 映画&DVD | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。