さぼてんパセリ

日々のつれづれをゆる~く絵日記 画像もたま~にね

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じいさんのカブ

両親が共働きだったこともあるけど
すごいおばあちゃん子だったワタシ。

あれは幼稚園児のころ。
じいちゃんの愛車はスーパーカブだった(配達などでよく使われてるバイクね)
ある日、じいさんに親戚の家か
どこかに連れていってもらうことになっていたらしく
座布団をくくりつけたカブの荷台に乗せられたの。

09-08-10.jpg

ところがワタシが小さすぎ、荷台が幅広のためヒザが曲がらず
で、足を前に出したら手が前に届かず、
正座させれば危険過ぎ。

じいちゃんばあちゃんが苦肉の策に
ワタシを立たせたまま、
じいちゃんの胴体におんぶヒモでくくりつけたの。
幼児ながらに、「息ができないほど風がツヨイゼ!じいさん!」と
思ったことを鮮明に覚えてる。

この時代はまだヘルメットが義務化じゃなく、
こんな乗り方もできたのね。(無理矢理か?)

なんとも、のんきな俺流が楽しかったなと
お盆近くになって
じいちゃんばあちゃんの思い出のひとつでした。



スポンサーサイト

| こども時代 | 18:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。